製品案内 - GPSデータロガー・リモート水温計・海洋に関するシステム開発は ESLにお任せください。-

製品案内 - GPSデータロガー・リモート水温計・海洋に関するシステム開発は ESLにお任せください。-

大漁案内人

大漁案内人

1.使用目的

明日の漁場となる場所を予測し、効率の良い漁を手助けするシステム

詳細な製品情報

2.特徴

  • 推奨漁場の表示
    衛星データの条件値に水温、海面高、その他の条件を基に絞り込むことによって推奨漁場をピックアップします。
  • 当日及び予測した衛星画像の表示
    今現在の海況を表示し、明日の海況つまり予測の海況を表示することができます。
  • 電子漁撈ログ(Electoric Log Book)
    他船の情報や、どこで魚が取れたかの情報の記録ができ、また、日々の操業日報、漁撈情報をデータベース化することにより、過去の漁獲量及び取れた場所の情報などを有効に利用することができます。さらに、これらのデータは蓄積していくことにより漁場の予測に必要なデータとなります。
  • 航跡プロッターとしての機能
    GPSと連動して現在の船の位置や航跡を衛星画像とともに表示することができます。
  • あらゆる通信手段に対応
    インターネットに接続可能な環境ならば、エヌスター、インマルサット、携帯電話など、あらゆる通信手段に対応し、衛星画像のデータを取り寄せることができます。また、特殊な圧縮技術を使用しているので、通信コストを大幅に下げることができます。
詳細な製品情報

3.メリット

魚のいそうな場所に好漁場位置を参考にすることにより、油代などのコスト削減及び、漁獲量の増加を見込めます。
また、電子漁撈ログとしてデータベース化することによって、現在の漁に、過去の漁獲情報を瞬時に参照し有効に利用することができます。

詳細な製品情報